プラスチックベアリングとは

  • プラスチックベアリングの特徴
  • プラスチックベアリングの構造
  • プラスチックベアリングの用途

無潤滑・無給油で使える(オイル・グリースが必要ないオイルレス)

金属ベアリングの場合、外輪内輪・ボールが金属でできており、(保持器も通常は金属)転がり軸受けといえども各々の接触部では滑り摩擦が発生し、金属同士の摩擦ゆえ熱が発生し焼き付けやフレーキング現象が現れます。
そのため、金属製のベアリングは、オイルやグリースを充填し、摩擦力を小さくする必要があります。
また、オイルやグリースは摺動面のサビの発生を防ぐ役目もしております。

オイルやグリースを使う場合の問題点として、

  • 定期的にオイルやグリースを補充する必要がある
  • 水や液体などにさらされる場合、オイルやグリースが流れ出てしまうために、
    摩耗したりサビが発生したりで使用できない

といった問題があります。

しかし、プラスチック製のベアリングの場合、外輪内輪及び保持器の材質がプラスチックで出来ており、プラスチック自体が自己潤滑性をもっていたり、摩擦抵抗が小さかったりしますので、オイルやグリースが必要ありません。

プラスチックベアリングの特徴TOPへ

資料請求・お問合せはこちら

ページの先頭へ

  • 鹿島化学金属の取り組み
  • 会社案内
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • ご注文の流れ
  • 資料請求・お問合せ